メイン画像

ネットショップでコンタクトレンズを探す際に

ネットショップでコンタクトレンズを探す際に、どのような手法で見つけると良いかご存知でしょうか。コンタクトレンズの通販には、主として2種類あり、国内発送のショップと、海外からの個人輸入代行があります。双方ともに、メリットとデメリットはあります。
安く、処方箋不要の海外からの個人輸入代行による購入と、コンタクトの値段は高いですが、届くまでが早く海外製でないという安心感を感じられる、国内発送のショップとどちらを選ぶかは自由ですし、個人の価値観によっても差が出てくることです。

コンタクトレンズを購入の際には処方箋が必要です。処方箋とは、眼科で検査をしてもらい、一人一人の目の様子を書類にして記載したものです。そこに、コンタクトレンズの度数や内容が書かれていますので、それを使い、コンタクトを買うのです。
眼科では、処方箋とコンタクトをセットとしている場合もあり、処方箋単体の処方が拒否されることもあるといいます。前もって、処方箋だけくれるのか連絡してみてから、眼科を受診しましょう。

ファッションとしてカラーコンタクトレンズを使うことはとても素敵ですが、安全面をちゃんと見極める必要があるといいます。安全であることを見極める目安として薬事法の規制に則っているかということになります。厚生労働省などのホームページでも調べることができると聞きます。安全性の高いカラコンであったとしても、使用法が違えば台無しです。
カラコンは最長、8時間の連続装着を超えてはいけません。それで、1dayは勿論、使い捨てなので他人との貸し借りなどはもっての外なのです。

コンタクトレンズを購入の際には処方箋が必要です。処方箋とは、眼科で検査をしてもらい、一人一人の目の様子を書類にして記載したものです。そこに、コンタクトレンズの度数や内容が書かれていますので、それを使い、コンタクトを買うのです。眼科では、処方箋とコンタクトをセットとしている場合もあり、処方箋単体の処方が拒否されることもあるといいます。前もって、処方箋だけくれるのか連絡してみてから、眼科を受診しましょう。

ファッションとしてカラーコンタクトレンズを使うことはとても素敵ですが、安全面をちゃんと見極める必要があるといいます。安全であることを見極める目安として薬事法の規制に則っているかということになります。厚生労働省などのホームページでも調べることができると聞きます。安全性の高いカラコンであったとしても、使用法が違えば台無しです。カラコンは最長、8時間の連続装着を超えてはいけません。それで、1dayは勿論、使い捨てなので他人との貸し借りなどはもっての外なのです。